一品改造小物。

 

 

 

 

 

 

 

 

CUSTOM GEARLEVER BOSS COVER

 

 

 

 

 

CUSTOM GEARLEVER BOSS COVER

 

 

 

 

 

CUSTOM GEARLEVER BOSS COVER

 

 

 

市販品ベースの改造製作。

 

 

ステンレスに真鍮ロウを盛るのはなかなかやりにくい。

 

 

しっかりロウ付けで盛れたら滑らかにフィレット研磨。

 

 

 

これで表面はメッキなどでない真鍮そのもの。

真鍮特有の質感を楽しんでいただける。

 

 

 

 

このような小物でもご相談OKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二代目隆天?

 

 

 

 

 

 

 

 

二代目隆天?

 

  

 

二代目隆天?

 

 

 

己から心底この仕事をやりたいと思わねば、きっと成り立たないREW10の仕事。

 

 

人生色々、この仕事でなく他の素晴らしき道を歩むも良し。

 

この仕事をやりたいと思うのならば命かけてもらう。

 

 

 

 

彼がこれからどんな人生を歩むかなどわかりません。

己で考え、己で導き出した答えがどんなものか。

 

細やかな応援をしつつ、強いる事無くじっくり見守ろう。

 

 

 

まだまだ先、でも楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

アクセサリ。

 

 

 

 

 

しばらく欠品していたBRASS HEXHOOKを現在製作中。

 

 

STEELHOOKは製作終えてアップ済み、BRASSは製作中で近々アップできます。

 

 

 

IMG_1988.JPG

 

 

工房にも少し在庫しておきましたので、今度の11日恒例ブランチでもお買い求めいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

WRENCHHOOKも各メーカー素材で在庫分作っておきましたので、オンラインにも工房にも在庫少しございます。

 

 

 

 

今回、MACTOOLSが入手できたのでこちらも作っております。

 

REW10 WRENCH HOOK MACTOOLS KNUCKLE SAVER

 

 

廃番になってしまったKNUCKLE SAVER。

 

名前が格好良いだけでなく、細身ながら肉厚あって重厚かつ角ばっているデザインが好きでしたが廃番という事で残念です。

今後は入手できるかわかりません。

この一本で最後かもしれません。 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WRENCH HOOK   MACTOOLS PRECISION

 

 

 

そんなKNUCKLE SAVERと取って代わったPRECISION TORQUE。

二つの凹みが特徴的で、FACOMと似たような流線美があるレンチです。

 

 

 

MACTOOLS HOOKもオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

それと受注ご依頼分しか作れていなかったWRENCH KARABINER、HAZETとSTAHLWILLEだけ在庫作りましたのでこちらはオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこちらは特別仕様の受注品。

 

 

REW10 WRENCH KARABINER  Snap-on Damascus special

 

 

 

当工房が用いる手法を結集させた特注品。

 

 

開閉ゲートにはステンレスベースのダマスカス鋼、ゲート押さえネジ座金もステンレスダマスカス鋼。

 

中心部円形ナットにはスチールベースのダマスカス鋼を使用しています。

 

ネジはオールドスクールなブラスマイナスネジ。

 

 

 

当工房は可能な事でしたら形にさせていただく工房です。

 

一品一品、異なる仕様を盛り込めるのは、一品手作業製作が出来る工房ゆえの利点。

 

 

凝ったものをお求めのお客様や、自分なりの使いやすさを追求されたいお客様、お好みに合わせて仕様変更されたいお客様、様々なご要望にお応えできます。

 

 

何かご要望あれば遠慮なくお問い合わせください。 

 

仕様変更も出来ますし、欠品中のものでも受注にてお作りできるものもございます。

お問い合わせには必ずお答えしてますので、遠慮してると損しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DAMASCUS STEEL BANGLE

 

 

こちらは自ら試してみようかと考え、試作したスチールベースのダマスカス鋼を主体にしたバングル。

 

 

以前作ったスチール単体のバングルは、わかってはいたが肌に触れる裏側が当然錆びて使える代物ではありませんでした。

 

その後裏側にステンレスを内張りしたスチールバングルを作りましたが、こちらは表にしか鉄がこないので裏側は全く錆びずに成功。

しかし表の錆は楽しみたいと期待していたものの、使っても使っても錆びなさすぎて非常に質感変わりにくく、わざと錆びさせてから使ったぐらいです。

 

そんな経験ふまえて、表にスチールベースのダマスカス鋼を用いたら雰囲気良さそうと思い形にしたのが今回のモノ。

 

接合都合もあっての側面の真鍮部分もアクセントになっていて良い。

 

 

 

スチールベースのダマスカス鋼は杢目がなんとも趣深い雰囲気で入っているので、この杢目もあって雰囲気良好です。

 

 

 

今のところ製作から数週間経過し、仕事もプライベートもほぼ片時も外すことなく付けっぱなし。

手洗うときも風呂入るときも寝てる時も、ずっと付けたままで全く錆びません。

 

錆の生成条件として様々ありますが、研磨無し状態で乾湿の繰り返しや塩分などによるものが多いです。

バングルやフックなどずっと身に付けている性質のモノは、錆が生成する前に衣類などに触れる事で細やかでごく僅かな研磨効果があります。

身に付けて使うだけで錆が極めて発生しにくい状況を自然に作れます。

 

上記のようなある程度の条件下では、水道水などの真水ならば少々濡れただけでは錆びません。

濡れて乾いてを研磨無しの状態で繰り返すと錆の層が少しずつ厚くなっていき、屋外などで放置すると気が付けば錆で真っ茶という事です。

 

使うのが最大のメンテナンスという事ですね。

 

汗の塩分に晒される内側は錆びにくいステンレスなので問題なし。

 

 

 

 

鉄は錆びやすい素材として有名ですが、鉄の特性しっかり理解して錆なども味方に付けるよう趣の一つととらえると、これほど深い素材はないと感じています。

使い込めば照りも出てきますが、ステンレスとは異なり黒みもあるような質感になることが多いです。

 

もし錆びてもそのまま使い続けると、錆に黒みと光沢がでてそれはそれで雰囲気良いです。

 

さすが黒鉄と呼ばれるだけあって、自分の連想する鉄の色は鈍く深い黒です。

 

そんな色々な色のある鉄、やはり自分は一番好きなのか、いまのところ非常に良い感触を感じております。

 

 

 

 

しばらく使ってもと詳しい経年変化の紹介が出来ると思います。

 

 

 

鉄を使ったアクセサリー。

 

好きな素材だし世間にあまりない領域なのもあって追求し甲斐があります。 

今後も色々試しながら探究してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch feb 2017.jpg

 

 

 

今月は2月11日土曜日に開催です。

 

振替で12日の日曜日は休業とさせていただきます。

 

 

 

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

 

2月5日の日曜日は都合により休業とさせていただきます。

 

4日土曜日の定休日は振替で営業致します。

 

 

勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

 

BROMPTON CUSTOM

 

 

 

 

 

 

 

簡単に思われてしまう場合もあるけど、カスタムというものは時に一筋縄でいきません。

 

目的はきちっと動作させる事。

ただ改造すれば良いわけでないです。

 

すんなりいく時も勿論あります。

そうやって済ます事が出来るのも経験あっての事。

 

 

経験を総動員させても大がかりになったり難航する内容だったり、どうしても実現できない内容もあります。

 

 

なにやっても組み合わせることのできないもの、状態が良くなく手を施すべきでないもの。

 

本当に様々なケースがあります。

 

 

 

工房で生まれるものと違ってツブシも利かないものも多い。

 

製作とは異なるカスタムという世界はなんとも難しくも面白いところです。

 

 

 

 

 

 

 

そんなカスタムの世界をよく理解してくれて、毎度毎度足繁く相談に来てくださるTASCYCLEさん

 

決して近くはないのにいつも有難い限りです。

対面で相談するほどわかりやすく理解しやすく、互いに信頼のおける相談はなく、いつも本当にやりやすい。

 

このようにいつもやりやすくしてくれているので、裏切るわけにはいきませんね。 

 

 

そんなショップさんからご依頼受けたのは、以前もやらせていただいたBROMPTONのカスタム。

 

ノーマル状態だと取付不能なALFINE Di2がスムーズに搭載できるようにする諸々のカスタムです。 

 

 

BROMPTON Custom

 

 

 

 

 

BROMPTON Custom

 

 

 

TASCYCLEさんのブログで非常に詳しく記載してくれているので、こちらでは内容割愛し是非リンク先でご覧ください。

 

 

 

 

ここの店主はサービス精神旺盛でよく気が利きます。

 

ロードバイクのメンテナンス本も監修できるような技術も持ち合わせてますので、うちで行った以後の カスタムも流石と上手い事おさまってます。 

 

ブログ記事で見るとあっけないものですが、出来上がるまでに弛まぬ努力の積み重ねがあります。

 

考えると本当に大変な手間、お疲れ様でございました。

 

 

 

 

 

こういったカスタムをお考えの方はTASさんにお声掛けしてみてみると、簡単でないものもなんとか解決できるかもしれません。

 

 

 

 

当工房でも様々な車種のカスタムをお受けしております。

 

なんでも出来るわけではないですが、可能であればなんでも歓迎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣。

 

 

 

 

 

アパレル関連を少々仕込みました。

 

ワークシャツ関連を先日アップ済。

 

 

 

 

 

ros1.png

 

 

ウォバッシュストライプのワークシャツ、モールスキンジャケット、ヘビーネルワークシャツなど。

 

今回は新たに製作したワッペンをつけたコレクションです。

フェルト地ベースのものに同じくフェルトの10ロゴを縫い付けたクラシックな感じのワッペンになります。

 

勿論うちのお決まりである、無垢真鍮のメタルボタンとリベットがピリッときいたものになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Custom N-1

 

 

こちらは先日アップしたN-1を気にしてくださったお客様からの受注品。

 

N-1といえば定番のこの色、これも格好良いです。

 

胸元はUSNプリントでなくワッペンを付け、ボタンは真鍮にカスタム。

ワークテイストも香るシンプルなジャケットになっております。

 

 

自分の業務でも大活躍なコイツ、冬場に仕事には欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 Casquette Sashiko

 

 

 

『自分が欲しいから』

 

という理由だけで製作に至り、ごくシンプルなので伝わりにくいかなと思っていたキャスケット。

わかってもらえる方が少なくても自分だけでも愛してやまないものになれば、とぐらいにしか考えてませんでした。

 

これに限らずうちの商品すべてですが、多く売れるためにとかの考えは微塵もなく出来上がっている帽子です。

 

しかし意外にもジワジワと人気があり、受注分のみしか出来ない現状です。

 

 

細部仕様すべて練りに練った帽子で、シルエットにもかなりこだわったので、直に見てくださった方々にそれがガッチリ伝わり嬉しいです。

通常のキャスケットより膨らみを抑えて、ハンチング寄りなシルエットがさりげなく使いやすい。

コスプレ感なく地味に洒落つつも、やさくれた労働者な雰囲気が好みです。

 

 

仕事でもプライベートでもずっと使ってますが、使用感ともどもすべて気に入っています。

 

自分が愛する商品なら純粋におすすめできます。

 

 

 

 

 

 

現在、帽子関連は受注生産分のみでパンク状態です。

生産数も多くできないので申し訳ありません。

 

数か月~時期不明なぐらいお待ちいただく事になってしまいますが、確実な入手をされたいお客様は受注生産でしたら順番にてお作り致します。

ご遠方の方でもご予約承っております。

 

 

 

申し訳ないですがオンラインストア販売分が出来るのはいつの日やら全くわかりません。

 

 

 

 

 

 

今後もジャンル問わず思うものは製作していきます。

 

どんなものを作っても、一貫して在るREW10の空気感みたいなものだけは失わぬよう気を付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copper

 

 

 

 

 

 

 

 

Copper

 

 

 

 

 

 

 

Copper

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可能であれば、

 

 

 

 

 

なんでも作らせていただきます。

 

 

何かの完全模倣品、技術や設備面で形に出来ない内容、おおよそこれら以外はどんなものでも製作致します。

 

 

 

 

 

 

 

メッセンジャーのケビンから製作依頼を受けて製作したBBQ SMOKER。

 

 

彼の今後の野望のために必要な機材です。 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

 

がっつり相談して必要な機能は盛り込みつつ、荒々しいジャンクな仕上がりが良いという事で、そんな雰囲気を狙ってます。

 

 

 

各部細かいところにREW10の仕事が垣間見えるようにしました。 

その他、薀蓄や作り込みは多々ありますが割愛します。 

 

 

 

 

これをどう使いこなすか、彼の今後に期待です。

アフターのカスタムもしながら応援したいと思います。

 

早くこれで焼いたものを食べてみたい。

 

 

 

 

 

鉄工所出なので、こういった工作も得意なんです。

 

 

何か目論んでいる方は相談してみてください。

 

自転車のみならず、ライフスタイル全般を支える工房で在りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタム魂。

 

 

 

 

 

 

 

当工房は可能な事であればなんでもご依頼お受けしております。

 

 

 

 

 

 

今回はカスタム事例を2台紹介します。

 

 

 

Custom before

 

 

まずは知人経由で承った一台。

 

 

お預り時は麻紐で留められていたワイヤーの処理が気になっている模様で、出来るだけ多くの箇所を内装仕様にして欲しいとの事。

 

 

内装処理はパイプの肉厚や各部仕様によって、適正の施工方法が変わります。

今回はメッキは守って欲しいというご要望、そして肉厚は十分なフレームセットだったので穴あけのみの内装処理です。

ハンドルとフォークも内装処理を施し、リア三角は内装処理せずに紐留めでなくガイドを設置という事になりました。

 

 

その他ついでに細かく気になるところも伺って、出来る限りそれを解消します。

 

 

加工する際はほぼすべての事例でパーツを取り外す必要があるので、全バラシして加工に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人経営で不器用な自分は加工してる最中に写真を撮ってる余力など無いので、いきなり完成後の写真です。

 

 

 

Custom after

 

 

 

Custom after

 

 

 

このフレームには幸い大きいガセットが付いていたのでその裏側に穴を開け、見えないように&強度低下を考慮した穴あけ位置。

アメリカンBBなのも幸いしてBB付近もいささか通しやすい仕様でした。

 

ハンドルは肉厚なものだったのでこれも幸い。

 

フォークはクラウン付近のコラム根本に穴あけて通す手法に。

元の内部水抜き穴が小さく施工は難儀しましたが、ワイヤータッチも許容内でなんとか通せました。

 

 

あとはちょっとした細かいところいじりなから再組み付けをフィニッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて現行のMUDDYFOXをフルカスタムしたいというご要望。

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom before

 

 

所謂自転車店でないREW10はメーカーラインナップの最新情報は疎いので、古き良き旧車イメージのMUDDYFOXがいまだにあったのと、現行モデルが立派な現代仕様になっていたのが意外でした。

 

 

これをあえて細部にREW10のテイストと、少し旧車感のある仕様を盛り込んだようなカスタム内容で相談が進みました。

 

 

 

 

 

ARAYA Custom

 

 

ディレイラーは使わないということなので、変速系のダボはすべて除去。

 

ディスクブレーキは使うけどワイヤー引きしか使わないという事で、油圧対応のダボでなく通常の割りダボに変更。

 

リアキャリアは付けないので、リアダボ穴は綺麗に埋める。

 

 

フロント29er、リア650Bにしたいというご要望もあり、フォークは他のものを持ち込み。

確認させていただき特にジオメトリーでも問題ないので、このフォークも搭載決定でワイヤー引き対応にダボ変更。

 

 

 

パーツの選定もある程度お任せいただいたので、主要部分と全体の雰囲気のみのご要望をいただいて細かい他はこちらで選別。

 

 

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

 

焼けて部分剥離してしまった塗装は、足立のZさんで綺麗に剥離再塗装してもらって良い感じです。

 

 

組み付けにはREW10でよくやっているネジカスタムを盛り込みながら行う。

旋盤加工でネジ頭を美麗に仕上げて、真鍮ワッシャーを各部に鏤める。

 

アウターワイヤーカップとニップルは、メッキ無しの真鍮無垢仕様。

 インナーエンドキャップも真鍮。

 

スペーサー、ヘッドキャップはREW10製。

 

パッと見は目立たないけど真鍮好きな方には所有欲を高めてくれる、細やかで欠かせぬ薬味。

 

 

 

懐古と現代仕様が混ざった面白いMTBに生まれ変わりました。

 

ガッツリ乗ってあげてください。

 

 

 

 

 

 

このようなカスタムも快くお受けしております。

 

自転車屋さんで出来るような普通のパーツ組み換えなどのカスタムなら、お近くの自転車屋さんのほうが現物在庫もあるので、すべて取り寄せのうちよりも自転車屋さんで行ったほうがスムーズかと思います。

 

 

金属加工やREW10テイストを取り入れたようなカスタムご希望でしたら、うちでやっていただくと特有の改造ができます。

 

そういった際は是非お問い合わせください。

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_