入荷。

 

 

 

 

新しい動きもあったりする昨今、色々と時間がとれず更新少なめで申し訳ないです。

 

 

 

 

 

 

 

online1.jpg

 

 

帽子やベルトなど、オンライン販売分が完成しましたのでアップしました。

 

 

すべてハンドメイド品ですので各数量は少なめです。

 

 

 

帽子は天ボタンやハトメに真鍮を用い、ベルトはバックルが真鍮で銅リベットにてガッチリ留め、本業の鉄工ならではの金属感を込めております。

天ボタンの裏はステンレストルクスネジと真鍮ワッシャーだったりするところもささやかな個性の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

明日25日火曜は臨時で休業とさせていただきます。

 

その他は平常通りで、明後日26日は変わらず水曜定休日となります。

 

休業中にいただいたメールは27日木曜日以降の返信となります。

 

勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

杢目の玄妙。

 

 

 

 

当工房で作らせていただいているバングル、おかげ様で多くの方に大変ご愛顧いただき、製作に勤しむ日々です。

 

 

ショップやショールームみたいなものがなく、工房での直相談の予約制&受注販売という性質にも関わらず、たくさんのお客様にお越しいただき、常々光栄の限りでございます。

 

 

 

 

 

 

当工房のバングルはデザイン勝負ではなく、重厚で無骨な素材感勝負です。

 

鉄、ステンレス、真鍮、ダマスカス鋼といった金属が主になります。

 

メッキなどは一切使わず、素材そのままでいける手法で提供しております。

 

 

 

 

中でも凝ったようなものや、趣深いものをご所望のお客様に人気のダマスカス鋼。

 

特有の杢目は全く同じに出ることはなく、一点モノです。

作っている自分が良いと思えない杢目もごく稀にでますが、そういった場合はやり直したり、作り直したりしますので、大きく雰囲気が変わる事のないように品質管理しております。

 

 

 

この杢目は彫金などで刻んでいるものではなく、積層鍛造されている素材そのものの特性を生かしたものです。

 

この杢目、ただ形にしただけではほとんど見えません。

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

この写真は形状のみ削り終わって形になったもの。

 

薄らとしか杢目は見えない状態です。

 

 

 

これを酸で処理したり、多少色調のコントロールをしていくと綺麗な杢目がでてきます。

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

 

これは斑点状の紋様と、年輪状の杢目を両方楽しんでもらえるように狙って削ったものです。

 

ステンレスベースのダマスカス鋼なので、裏張りは不要です。

裏側も斑点状のダマスカスの紋様が楽しめます。

 

 

さらに真鍮のラインもあるので、真鍮の質感も一緒に欲張っていただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

これはまた異なる素材で、鉄ベースのダマスカス鋼です。

 

この材料は杢目がすごい細かいので、削っただけの状態だと目の判別がやりにくいです。

 

 

 

 

とりあえず一度目は良い目が出なかったので、薄皮削いでもう一度挑戦したら非常に良い杢目が姿を露わに。

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

手持ちの材料だと、ステンレスベースのダマスカスのほうが 杢目が大振り、この鉄ベースは細かめ、とそれぞれ異なります。

ゆえに入る杢目もまるで性質が異なります。

 

 

自分が使っているバングルもこれと同じ仕様ですが、裏面はステンレスなので勿論錆びません。

バングルとして日々使っていると、表側の鉄は錆の層が出来る前にすべて磨かれる効果があり、一緒にお風呂はいろうが意外にも錆びません。

 

逆に使わず長く放置していると徐々に錆びます。

 

 

 

 

 

うちのダマスカス製品は基本的に磨かずそのままお使いいただくのがベストです。

自然にちょっとずつ研磨されていく質感が一番です。

 

研磨剤やらペーパーなどで磨いてしまうと、酸処理前の状態に逆戻りし杢目が飛びますので、くれぐれもご注意を。

特に磨かずにそのまま気兼ねなく使いいただくのが一番のメンテナンスです。

 

それでもどうしても磨きたい磨き好きの方は、研磨剤の一切入っていないワックスなどで磨くと良いです。

 

 

日々お使いいただければ杢目も光沢もさらなる質感となってきます。

素材の味わいを存分にお楽しみいただけれましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

オプションで銘切なども刻めます。

 

お名前や製造日付や座右の銘などなんでも良し、ご希望あればお伝えください。

 

 

銘切は曲がってからは刻めませんので、ご希望の方は受注時か早い段階でお伝えください。

 

 

 

バングルの受注は随時お受けしております。

 

お問い合わせはメールか電話にてどうぞ。 

 

 

 

 

 

 

T19 X REW10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T19 x REW10

 

 

 

T19 SKATEBOARDSさんとコラボでWRENCH KEY HOOKを作らせていただきました。

 

 

REW10のノーマルフックはREW10の屋号にならって10㎜レンチを使用しておりますが、このレンチはインチサイズです。

 

スケートボードのトラック取付ボルトナット用3/8と、キングピン用9/16の2サイズです。

 

スパナヘッド部分の表にはT19刻印、裏にはRew10刻印入ります。 

 

上記写真にはありませんが、商品にはフレームビルドにも用いるBRASS WELDING RODを曲げた3重リングが付属します。

 

簡易工具兼キーホルダーとしてお使いいただけます。

 

 

 

REW10では販売しておりませんので、この商品のお問い合わせはT19さんへどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例イベント&帽子即売会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch 2017 jul.jpg

 

 

毎月恒例イベント、今月は23日日曜日です。

 

コナクックは今回カレーの予定だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回REW10からは帽子の即売会を行おうと思っております。

 

 

生産中です

 

 

ただいま絶賛製作中です。

 

うちの帽子はすべてオリジナルの手作業生産ですので、生地やフェルトの裁断から、縫製などなどちょっと時間かかります。

生地の合わせや裏側まである程度丁寧にやっているつもりなので製作速度は正直早い方でないですし、生産数も少なく受注数が追いつかない状態も多いです。

 

 

今回受注分の目処が少しつきましたので、直販売分を制作しております。

多分、用意できる数少ないですが直に触れて試してお買い求めにいただける少ない機会です。

 

ついでに生地サンプルならべての受注会もする予定でいます。

大変恐縮ながら多分納期は長めです。

 

 

気にしていただける方、ぜひこの機会にどうぞ。

ご来場お待ちしております。

 

 

 

 

 

Corten steel BMX

 

 

 

 

 

 

 

Corten steel BMX

 

 

 

業務の合間に少しずつ進めたフレームが完。

 

製作に没頭するといつもブログ更新頻度少なくなり申し訳ないです。

 

 

 

 

塗装要らずのコイツはすぐ組み上げ。

と行きたいところだが、パーツが一部不揃いなので少し先に。

 

 

 

ライダーも喜んでくれることでしょう、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完。

 

 

 

 

 

 

 

 

s

 

 

 

シンプルなものが長く付き合いやすく、そして一番使いやすい。

 

日々使う道具として在る自転車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランチ。

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch 2017 jun 25.jpg

 

 

告知遅れてしまい申し訳ありません。

 

恒例イベントのブランチは今月25日になります。

 

 

 

都合により今回はコナクックお休みです。

替わりにチャリンコーヒーのトミーがホットサンドを用意してくれる予定です。

 

 

 

 

普段は予約制の工房ですが、このイベントの日はご予約不要の交流会です。

製作や改造のご相談は勿論、なんとなく行ってみたいなどの理由でも大歓迎です。

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅。

 

 

 

 

 

 

 

紅。

 

 

 

 

 

 

 

 

紅。

 

 

 

 

 

 

 

 

紅。

 

 

 

 

 

 

 

 

紅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経年変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

当工房で得意な分野、そのままの質感でいける金属を用いた産物。

 

人工的に作り出した加工ではなくリアルに生成された経年の変化は格別です。

 

 

 

DAMASCUS STEEL BANGLE 

 

経年変化。

 

 

 

以前紹介した鉄ベースのダマスカス鋼バングル。

数か月使用して黒みが増してきました。

 

これぞ鉄の色、まさに黒鉄。

 

比較的擦れやすい開口部付近は鈍い銀色、これも渋い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CORTEN & STAINLESS & BRASS 

 

経年変化。

 

 

我が愛車も初期と比べるとここまで育ちました。

あらためて写真を見返すと自分でも変化に驚きます。

 

一日の間で2時間程度乗って使用している間もフレームを触っているわけでないので、常々触れて擦れるバングルとは違い茶色味が強い。

最初期は銀、粒々の赤錆、びっしり赤錆、などの状態を経て変化。

錆が全域に行き渡ってから現在は至るまで錆の色が濃くなってきてます。

まだまだ未完のこのフレームに浪漫を感じます。

 

真鍮10ロゴは構造として組み込んでありますので、無論消えることなどなく同じく変化を続けます。

 

錆加工では無し得ない、本物の錆の質感と日々の変化。

 

このように錆を嗜めるのは耐候性鋼を用いたこのフレームの特権。

普段は忌々しい錆、このフレームならばもはや愛おしい存在。

 

 

普通のクロモリフレームは未塗装だと錆びて朽ちますのでマネしないでくださいね。

 

 

真鍮のステムとヘッドパーツ、砲金のスペーサーもフレームと同時に作ったもの。

当然真鍮メッキなどではなくこちらもリアルな金属の質感が使っていて楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

天天天 

 

経年変化。

 

 

こちらはひっそりゆっくり進めている天天天のヘッドキャップサンプル。

 

強度性質が高い特殊な銅を用いて当工房で削ったサンプルですが、銅は変化が非常に早い。

使い始めてからまだ間もないですが、すっかり茶ずんでいます。

 

ここまで変化する間は色の変化が非常に面白い。
 

綺麗な銅色から、青味が差してきたりしながら茶色くなってます。

 

製作段階で磨き上げましたので、光沢はある奥ゆかしい茶色。

銅もこれから力を入れていきたい素材です。

 

 

 

 

 

 

 

メッキや色付けや錆加工でも素晴らしい出来栄えのものが多くありますが、経年劣化ではなく経年変化を楽しむには本物の無垢材には及びません。

 

金属の質感も人工的に作ったものよりリアルに生成されたものに趣を感じます。 

 

塗装やメッキなどのようにコーティングが剥げるなんて事はコーティング面自体がない無垢材には絶対に在り得ないので、構造体として本体が存在している以上は変化も永続的に楽しめます。

無論いくら変化しようが使い込もうが、再塗装や再メッキなんてことも必要無し。

 

今回紹介した商品も自分が使用した一例に過ぎませんので、ライフスタイルや使い方やお手入れ方法などによって変わります。

人によって異なる質感も、こういった素材特有の面白い性質です。

 

 

今回紹介した私物サンプルは、基本的に普通に使って特に磨きもせずに使っているものです。

フレームやパーツだけ汚れ落とす程度にたまに乾拭きしているだけで、バングルなどは全く磨かずただ使っているだけです。

 

味わいやムラが好きでこのような金属や技法を用いてますので、磨きすぎると味わいがなくなりますし手間もかからず楽です。

 

 

 

REW10の商品はタフネスで永く使える耐久性を備えたものが多く、終わることの無い経年変化とともに末永く楽しんでお使いいただければ幸いでございます。

 

 

うちの得意分野として今後もこういった素材の探究をしていく所存です。

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_