Belt drive

 

 

 

  

 

 

 

ずっと前から取り入れたかったベルトドライブを愛車に導入しました。

お客様の受注分にもベルトドライブご希望が数台あるのでこの機に。

 

お客様の分を作る前にがっつり乗って、どんなものかしっかり体感し理解し、それから製作をきっちり遂行したい。

これをするかしないかで大違い。 

 

 

 

仕事放って自分のをいじるわけにもいかないので、業務外の早朝にインストール。

我が愛車は組みあがるとトラブルなく非常に調子良いですが、いじくるのは少し大変。

 

 

 

 

隆天號

 

 

油が要らないのでチェーンカバーともおさらば。

 

自分は4ピンより5ピンのクランクが好きなのですが、欲しい歯数が4ピンの104㎜しかない。 

ベルトドライブは歯数とPCDが限られるので、はまるとクランク選びに難儀します。

 

常連さんが不要で置いていったクランクが転がっていたので、愛車の雰囲気に合うよう少し細身に削り込み表面荒らしてとりあえず適当ながら仕上げる。

大したクランクでないし、コールテン鋼で出来た鉄むき出しの我が愛車にはコーティングの類などなくて良い。

 

チェーンライン出すために真鍮ワッシャーを旋盤で一加工。

シングルピンがなかったので表側にも真鍮ワッシャーを盛る、結果愛車に合い好都合。

 

MTB用のクランクばかりなPCDなので、Qファクターが広くなってしまったのが少し痛い。

PCD104㎜で、ホローテック2やGXP等のBB、ロードほどのQファクター、かつシンプルなクランクがあったらどなたかおしえてください。

なければ作れって話ですが、クランク作りのきつさは身に染みて知っていますのでやめておきます。

 

 

 

 

 

 

 

隆天號

 

 

リアの3爪コグは、シマノ純正やスターメーよりかなり高精度。

その分少々はめにくいですが、はまればガタなくガッチリ。

なかなか気持ちよい。

 

ベルト導入を見越してのエンド分割機構がやっと生きる。

油汚れでコテコテだった銘切もあらわに。 

 

 

 

 

 

 

 隆天號

 

 

油汚れとお別れ、 これでますますメンテナンス要らずに。

耐久性も通常のチェーンよりもかなり高いという噂なのでそれも良し。

 

日々乗る道具ですから、メンテナンスが少なく済むのが好ましい。

さて日々しっかりと乗ることにします。

 

 

 

愛車のカスタムもほぼ終了。

乗りたいと思えしっかり使いそうな欲しい自転車もあと僅か。

 

Rew10worksとしてはまだまだお見せしたいものはたくさんありますが、生涯で所有する私物自転車の終盤がしっかり見えてきています。

何か寂しいような気がします。

 

 

何十年と乗り続けたら、貫録も少しは出ていることでしょう。

永く経年変化し続ける愛車、本当の完成は我が残り人生では無理だろうな。

使用感を刻み込み深みをだしていくカスタムにおいては生涯終えることがありません。 

 

 

 

 

 

お手持ちのフレームなどでもベルトドライブにカスタムは可能かもしれません。

ご相談お待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

 

9月28日の日曜日は都合により休業とさせていただきます。

 

27日は定休日なので土曜と日曜が休業となります。

 

勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr,N's Custom  bike

 

  

 

以前にフィレット盛り直しとレバー台座設置の改造をさせていただいたお客様が見せに来てくださった。

昨日は定休日でしたが、仕事を進めたくて工房にいてよかった。

 

出来上がりを見れない事も多いので、こうして組みあがった姿を見ると嬉しく安心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷中のアレと。

 

 

 

 

しばらく出来ていなかった谷中のアレ。

 

相方の都合がついたのでやっと復活。

お待たせしました。 

 

11月7日(金) 11:00~18:00  古美術上田 谷中店

11月8日(土) 10:00~18:00  古美術上田 谷中店

 

場所は相変わらずの洋食マロを曲がった路地の古美術屋。

 

 

 

内容も多分変わらずのコゼバッグの出稼ぎ展示受注会と、Rew10の親睦会的簡易展示会。

 

コゼバッグは忙しい子育ての合間を縫って色々と仕込んできてくれると思います。

 

うちは自転車販売などは難しいですから、予約や特に用事なしで気軽に顔を合わせたり、アクセサリーやT シャツ類の販売をさせていただこうと考えております。

まあ普段も電話やメールでの軽い予約が必要なだけで、全くお気兼ねなく気軽にお越しいただいて大丈夫なのですが、それが全く伝わらないRew10の性質というか職人や工房の性であります。

普段に壁を感じて今回を良い機会としていただける方は是非お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、翌日の日曜日は浅草にてAround The Bicycleという展示会に参加させていただく予定です。

 

 

Around The Bicycle

 

 

詳細はリンク先にて。

まだ全容が明らかになっておりませんが、面白い展示会となりそうです。

 

 

 

 

 

 

たった一人での経営、製作や直にやりとりするお客様に注力しているので、広報活動に回す余力がありませんが秋は少しやります。

 

 

良い機会なので、間に合えばずっと前から作りたかった自転車が出来上がればサンプルとして持っていきます。

ずっと末永く人生を共に出来る自転車とはどんな一台であるかは今乗っている自転車で手応えを感じています。

我が生涯においての自転車に関しては数十年かけてやっと見出すことが出来ました。

長持ちする頑強さだけでなく、飽きずに付き合っていけて、歳とっても変わらず乗れる性質を見極めるのが難しい。

 

末永く使うための製作はとても難しく感じます。

煌びやかすぎても適当過ぎてもダメ、作り込みはするが派手でなく使って良いもの。

しっかり使い日々を快適に豊かに支え、如何にしてずっと愛で続けられるか。

 

 

 

自分が乗る自転車、数多の自転車に乗りいままで深く追究してきたのでおおよそ固まり、もう多くの自転車に乗ることも考えられない。

我が生涯であと数台か、もしかしたらこれで終わりになることも考えられる。

もうコイツに乗って30年だよ、とかいう台詞を晩年にでも吐きたい。

時代や流行に流されないような、1~2台をずっと使い続ける難しさと楽しさは追究し甲斐があります。

なので急いで焦っては作りませんが間に合えば幸いで、出来上がってなかったらすいません。

 

今乗っている侘び錆びな愛車も事故でも起こさない限り、一生かけて乗り自分よりも長生きしてもらうつもりです。

形としては出来上がって日々乗っていても、残りの我が人生で真の完成に至ることは無いでしょう。 

 

そんな少々奇妙な方向性の職人が作りあげる自転車、ささやかにお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEAMPUNK

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.RON's Custombuild bike

 

 

 

 

 

ご依頼いただいたオーナー様は刺龍堂というタトゥースタジオをかまえ、個性的な刺青を日々施術してらっしゃる方。

 

この方の好みとご要望、うちの製法と個性を掛け合わせた一台は、全く狙ったわけでないがスチームパンクの片鱗を感じさせるようなものに仕上がった。

 

 

 

見かけ倒しでなく乗って良いものにすべく、細部を作り込むのが異常に大変だった。

培ってきたものを総動員しつつなんとか乗り越え、また思い入れの強い一台となった。

 

フレームビルドとは少し異なる、自分の追求するカスタムビルドが色濃い自転車。

ご依頼主様のご厚意と、こういったものがきちんと作り出せるようになった経験をくださった今までのお客様に深く感謝したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいところに。

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 Brass ling grip

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 BrassxStainless cap

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 Brass cap

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 Brass Skewer

 

 

 

 

 

 

 

千鳥。

 

 

 

 

主張しすぎる仕様よりも、ジワジワとくるような細かいところに魂を注ぎたい。

 

囁くような個性は実に永く付き合える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏メニュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

15日の敬老の日は都合により臨時で休業とさせていただきます。

勝手ながら申し訳ありません。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

真鍮部品。

 

 

 

 

気が付けばなかなか忙しいです。

昨日は本来定休日ですがしっかり仕事。

 

忙しく気が乗っているときは作業や業務に集中、写真撮影をしようという考えすら浮かびません。

常々新情報を発信するのが不得手で少々不器用な男ですいません。

 

ブログ書くよりも職人は手を動かしているのが本分、ご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

 

BRASS

 

 

 

かなり手間を要す削り出しのパーツと諸々削ったところで集中力が途切れる。

写真がやっと撮れた。

 

 

真鍮パーツは素材特性ゆえに、重いので性能面から自転車には向かない素材とされています。

少しの重量を削り、少しでも性能を伸ばそうという世界ですから敬遠されてきた。

材料費も安くはない。

諸々の事情で自分が知る限りでは大部分に真鍮を用いた部品は自転車にはありません。

 

 

 

 

 

でも部分的に用いれば重量差などごく僅か、シビアに重量を気にするほど速さを求めない方なら所有欲というものが少々の重量などかき消してくれます。

 

薄く削り込んでも所詮真鍮です。

素材に見合った作りを求め重量を削り込む作り方ではなく、なにしても壊れないぐらいの程よい重厚さで作っています。

 

 

 

こういったものをいちいち手作業で削り出している自転車職人も自分ぐらいでしょう。

 

良い自転車=軽くて速い、という式だけでありません。

所有欲を熱く刺激し続けてくれる魔力が真鍮にはあります。

自分もそれに憑りつかれた一人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨時休業。

 

 

 

 

明日9月2日火曜日は、通院と外回りの都合により臨時休業とさせていただきます。

勝手ながら誠に申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

BRASS x STAINLESS SKEWER

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

 

足もかなりよくなり、自転車に乗れる有難みを噛みしめております。

まだ僅かに違和感はありますが、大したことなく安心です。

 

 

不調のおかげで少々忙しくなっておりまして、生じた遅れを取り戻すべく頑張っております。

楽しみにしてくださっている方々に申し訳ないですが、しばらく業務に没頭するのでブログの事は頭から抜けそうで更新が減ると思われます。

ごめんなさい。

 

 

 

営業案内です。

夏季特別営業の火曜・金曜定休ですが、明日の26日の休業で終了します。

従来通りの毎週土曜定休と隔週水曜定休に戻します。

27日は第4水曜で本来定休となりますが、少々遅れているため営業します。

残された8月の休業日は明日26日火曜日と30日土曜日になります。

 

変則的で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Higonokami 肥後守

 

 

お客様に頂きました。有難うございます。

 

道具が好きだと諸々話していたら刃物の話になり、かなり道具として色が濃い肥後守を頂いた。

簡素で粗野、古き良き構造の美術的要素ほぼ皆無、しかし道具の美意識がしっかりとあります。

 

 

フレームビルドや諸々の業務ではこういった刃物はあまり出番がないため、こいつを道具として使うためにボールペン使うのやめて鉛筆でも使おうかと考えています。

アナログに戻る良いきっかけになったかもしれません。

 

 

折角いただいたので使い込んで、真鍮の変化などを楽しみます。

 

 

しかし刃物ってのは何故だか男心を擽ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誂えの玄妙。

 

 

 

 

優しい皆様、我が足を気にかけてくださりありがとうございます。

 

腕もがれると繊細な仕事ができなくなり翼をもがれるようなもので非常に手痛いですが、片足無くても仕事は出来るし自転車には乗れるので楽観的です。

たとえ足もげても義足のメカメカしい機械仕掛けの真鍮カスタムとかして楽しみます。

一応まだ杖突きながらの電車ですが、多分適当によくなるでしょう。

検査待ちです。

 

 

 

 

 

 

Massa's Urban track

 

 

現役メッセンジャーのマッサのフレーム。

 

パーカライジングの下地がついた錆に強めなローフィニッシュと塗装を組み合わせなかなかイカしてます。

さりげない佇まいもよく仕上がった。 

 

 

 

うちの街中仕様のフレームに乗ってる方はサイズ感がデカいやら、ここが長いやら短いやらしばしば言われるでしょう。

この自転車のマッサもしばしば言われるらしいが、乗り手も作り手ともに百も承知の事で狙ってやった事。

ポジションは当然合わせてますから、乗り手も乗りやすいと言ってくれています。

 

これがデカいのではなく、通常の平均値が小さく見えるゆえの解決策。

ポジションは出ていても見た目が合ってなく一体感がないのはよく目にします。

 

 

経験と個性を生かしたジオメトリーであり、ポジションは勿論のこと、乗った際の美しさとメッセンジャー業務における性能向上を追求した結果です。

日本人は手足が短いので、ポジションを普通に出すと乗車時に自転車と身体を見ると自転車が小さく見えることがかなり多いです。

これも日々の通勤でかなりの人の乗車姿勢と自転車を見ながらはじき出した結果でもある。

 

 

フレームのジオメトリー構築にはセオリーをしっかり守らないといけない箇所と、崩して良い箇所があります。

基本構造をしっかり把握してなければ効果的な崩し所すらわかりません。

ガチガチにセオリー通りなら誂えの意味も薄れます。

何を汲み取り、どこに独自のスパイスをきかせるか。

どういった際にどうしてるかはブログには書きません。

 

守るべき事と崩し所は車種によってすべて異なるのが難しく面白い。

一見してさりげなく、違和感無く仕上げていく。

定石を踏みつつも、時には基本すらも疑い必要に応じて崩していくのも誂えの玄妙。

 

少し定石を崩すとおかしな目で見られやすい業界ですが、それゆえに崩す事の面白さと重要性を感じます。

 

 

製作を行ってきた車種の豊富さ、一台一台すべて異なるフレーム製作を行ってきた強みがうちにはあります。

すべては実経験から編み出したものです。 

 

ポジション出すだけなら市販品で十分。

それ以外に好みや乗車時の美しさ、その人の人生観までを醸し出すのがオーダー製作の本分だと考えております。