Custom

 

 

 

 

 

製作のみならず旧車のレストアやカスタムも承っています。

製作ご依頼と同様にしっかりやらせていただいております。 

 

 

今回はMongooseのSycamoreの改造と再塗装。

 

 

 

再塗装前のロゴ。

 

 

Old Mongoose custom

 

 

 

Old Mongoose custom

 

 

 

 

 

 

最塗装後。

 

 

Old Mongoose custom

 

 

 

 

Old Mongoose custom

 

 

工房立ち上げ当初からの付き合いで、現在メインでお願いしているZ-WORKSさん。

ここの敏腕塗師によるデカール改造復元。

 

サイズや書体は勿論、デザイン変更を承った箇所もばっちり申し分無し。

 

データから起こすので手間がかかる分コストもかかりはしますが、このように復元できます。

こういった車種は綺麗に塗装でロゴなどを作ると純正感を少し損うので、デカールの段差などがあるとそれらしくも仕上がります。

 

Z-WORKSさんは様々な機材が豊富で、デカールの多色刷りなんて事はお手の物、その他塗装にかなり大事な下地被膜などもすべて自社施工でやってらっしゃるので、細かいところも品質管理も行き届いてる工場。

塗ってしまうと見えない下地作りなど、目立たないクオリティもしっかり光る。

基礎になる下ごしらえは職人仕事として本当に大事。

経験豊富な手練れの職人さん、気も良く仕事も早い。

 

うちのフレーム塗装もいつも助かっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Old Mongoose custom

 

 

うちが改造したのはエンド差し替え、キャリアダボ付け、Uブレーキの専用アウターガイド。

写真撮り忘れましたが、各チューブと平行にワイヤーが沿うように位置決めに注力しました。

 

 

改造後はコスト的な要因で再塗装せずにご自身でクリアだけ吹く方も多いですが、再塗装すれば新車のように綺麗になります。

 

 

 

 

Old Mongoose custom

 

 

なんでも出来るというわけではありませんが、鉄フレームでしたらかなりの工作が出来ますので、様々な提案が出来ると思います。

 

今まで数百台の修理・改造と製作をやってきました。

培った経験を絞ってなにかしらの方法が見出せる場合が多いので、改造などでお悩みの方は相談だけでもしてみると良いかもしれません。

 

自転車屋さんではどうしようも無かった症状が比較的すんなりと済む事もあります。

凝りたい方は凝っていただいても良し。

 

改造は火を用いて焼けてしまうことも多いので、塗装の相談なども承っています。 

 

カスタムを施すと愛車が別の自転車に生まれ変わったりします。

お悩みの方、ご相談お待ちしております。

遠慮はご無用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断髪式。

 

 

 

 

我が弟は幸東という力士。

 

最後の取り組みを終えこの度引退、断髪式に行ってきた。

 

 

 

断髪式

 

 

大銀杏を結った我が弟は雄々しく、止め鋏が入るまで感慨深いものがあった。

兄として誇らしい。

 

 

15年間本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

5月23日土曜日は本来定休日になりますが営業致します。

 

振替で24日の日曜日を休業とさせていただきます。

 

 

勝手ながらご迷惑おかけします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隆天朝飯會。

 

 

 

 

 

 

  隆天月一朝飯會.jpg

 

  

以前に行った隆天朝飯會、また行います。

 

と言いますか、意外と好評で楽しかったのとチャリンコーヒーとコナクックの強い意向もあって、月一度の定例開催をしていく事となりました。

 

毎月第一水曜日の午前8時~午前10時に、毎月決まって開催していきます。

 

雨天時は翌日木曜日に順延となります。

順延した木曜日は雨天でも開催となります。

 

 

来て珈琲等を味わうのも良し、作業のご相談などでも良し、皆様お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

所有欲向上という性能。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.KJWR's update

 

 

フレーム製作以外も納車後から色々と追加改造ご依頼をくださっている常連さんの自転車。

http://www.rew10.com/rew10_blog/2014/10/post-113.html

以前の姿は上記リンクからどうぞ。

 

製作だけでなくメンテナンスやパーツ改造も遠慮なくご相談いただければ、細かな所でうちならではの提案ができます。

フレームの生みの親のですから当然REW10らしく組み上げられます。 

 

 

 

 

 

Brass

 

 

SIMWORKSさんからでている、本所製のTURTLE 58 BRASS。

うちの自転車かつこの自転車以上にこれが似合うものはないでしょうと提案させてもらい、今回装着。

 

取付直後の新品、まだ普通の金色の輝きは本領発揮でない。

年月を重ね、くすんだ茶などが加わってきて深みを増す。

数か月後や一年後が楽しみです。

 

 

合わせて新調した真鍮ペダルプレートとエンドキャップも一緒に経年の変化を楽しんでください。

 

 

 

Brass

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus

 

 

 

こちらは以前BOREDさんと絡ませてもらったダマスカス鋼のヘッドキャップ。

 

やはりコレは特有の異彩を放つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重量的問題等で自転車に用いられる素材はクロモリ、アルミ、チタン、カーボンとおおよそ決まっている。

真鍮等は今まで用いられてこなかった素材。

 

 

生地そのままでいける素材の味わいと空気感は他にはかえられない。

 

自分でも長くテスト済、要所をしっかり作れば実使用においてかなり調子良い。

軽量重視であったりレーシング車などではうちでもとことん削いだり軽いパーツを用いますが、日常使用用途ではこの程度の重量増は大きな問題でなく、もっと先に伸ばすべき性能が多々あります。

 

 

今回のカスタムはアルミを真鍮等に変えた内容で、重量的性能では退化でしかない。 

重量よりも、素材質感がもたらしてくれる所有欲向上のほうが有益な効果が期待できます。

 

 

 

この方の所有欲を満たすカスタムは長い月日をかけ、まだまだ続く。 

 

 

 

 

 

ご来場感謝とオンラインストア。

 

 

 

 

10FESは無事終了致しました。

ご来場いただいた皆様、支えてくださった方々、本当にありがとうございました。

いつになるかわかりませんがまたこのような催しができれば幸いです。

 

 

 

 

 

今回は新製品を色々発売しました。

ご遠方でお越しになれないお客様方のためにも、売れたサイズの補充など現在オンラインストアにアップする準備をしております。

 

 

アップ予定の商品の紹介をしておきます。

 

 

REW10WORKS CUSTOM BUILD T-shirts

 

REW10WORKS CUSTOM BUILD T-shirts

 

 

まずはヘビーウエイト地のTシャツです。

 

今回おこした新ロゴを胸元にワンポイントと、大きなバックプリントをしたものです。

 

ヘザーグレーとネイビーの2色になります。

3800円+税 

 

 

 

 

REW10WORKS CUSTOM BUILE TEE

 

 

REW10WORKS CUSTOM BUILE TEE

 

 

こちらは8分袖のTシャツ、4.4ozの柔らかく着やすい生地です。

 

前面のみのプリントとなります。

3800円+税

 

 

 

 

 

 

 

続きまして、

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 以前販売したシャンブレーにプリントを施したワークシャツです。

実際の製作作業でも大活躍。

 

タフな真鍮ボタンを打ち込んでいます。

9800円+税

 

 

 

 

 

 

REW10 Prisoner work shirts

 

 

REW10 Prisoner work shirts

 

 アングラ工房らしく囚人服イメージのワークシャツ。

僅かな色調違いの色で3色あります。

 

ロゴもそれっぽいステンシルロゴ。

9800円+税

 

下の写真のグレーxブラックボーダーはフランネル生地で、今回は少量販売になるかもしれません。

夏の終わりか秋頃にはもう少し多めに販売できるかもしれません。

 

 

 

 

 

Rew10 Builders workcap

 

 

Rew10 Builders workcap

 

 

ビルド作業を支えてくれるワークキャップです。

こちらも製作作業で活躍してくれています。 

 

屋内だと黒で日中の屋外だと赤みがさす変わった黒いキャンバス地と、柿渋染めのブラウンダックの2つです。

黒の裏地はグレーのヘリンボーン、茶が撚り杢シャンブレーです。

 

芯がポリで外側が綿のコアヤーン糸で縫製しています。

 

少しふっくらしたシルエットでキャスケット的な要素もあります。

 

サイドにはRew10らしく真鍮のハトメ。

 

6800円+税

 

 

 

 

 

続きましてパーツです。

 

Rew10 Brass x Stainless Hybrid Headcap

 

ステンレスx真鍮 ハイブリッドヘッドキャップ。

いつもはトルクスボルトですが、今回は普通の六角ボルトで製作しました。

 

1-1/8のみ 12000+税

 

 

 

 

REW10 Brass headcap

 

真鍮ヘッドキャップ。

こちらは真鍮でワンピース構造です。

1-1/8のみ 5500円+税

 

 

 

 

 

REW10 Brass skewer

 

真鍮スキュワー。

六角レンチで締めるタイプです。

シャフトはスチールです。

 

前後セット 12000円+税

 

 

 

 

あとはレンチフックなど色々アップすると思います。

いつアップするかはわかりませんが近日中にアップできるかと思います。

 

Rew10 Online store 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は10FESです。

 

 

 

 

 

 

 

天祭。

 

 

明日は待ちに待った10FESです。

 

ギリギリ天候にも恵まれそう、晴れ男なのかRew10で行うイベントはきまってお天道様に助けられます。

 

 

 

Rew10ユーザーの皆様方、Rew10のフレームに乗ってぜひ遊びにいらしてください。

実際に納車しているユーザーさんの自転車をご覧いただくという、ユーザー参加型の個展でもあります。

恐縮かつお手数ですが、もしご都合良い方は何卒ご協力いただけますと幸いです。

 

 

 

 

祭ということで、様々な商品を用意しています。

 

なにやら準備で忙しいので、文面紹介で失礼します。

真鍮パーツが、ハンドルエンドキャップ、六角レンチ締めタイプのスキュワー、ヘッドキャップ、ハイブリッドヘッドキャップ、三ヶ嶋プロムナード改真鍮仕様、ピスト用ハブナット。

 

アパレルがTシャツ諸々、ワークシャツ諸々、ワークキャップなどなど。

 

Rew10アクセサリーのフックシリーズ各種。

 

簡単ですが、上記になります。

 

 

これだけRew10関連グッズが集まるのは過去最高です。

詳しい内容は明日お越しになってご覧ください。

総数はうちにしては多めですが、種類別ですとすべて極少量です。

すべて手作業生産ゆえに供給量が少なく申し訳ない。

直にお手に取ってお買い求めいただけるチャンスは明日のみ。

 

気にしてくださった方はお早めにどうぞ!

 

 

 

 

 

 

チャリンコーヒーとコナクックの協力でフードもあります。

是非こちらもご堪能ください。

 

こどもの日ですので、狭いですが事務スペースをこども遊びスペースにしておきます。

狭く簡易的で失礼します。

 

 

 

 

10時からです。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10FES販売品紹介。vol.2

 

 

 

 

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

REW10 WORK SHIRTS

SHAMBRAY 

CUSTOM BUILD LOGO PRINT

 

¥9800 + TAX

 

 

 

 

 

今回も真鍮ボタンの付いたRew10のワークシャツ、少量生産です。

 

これ以外のその他シャツも作っています。

告知紹介するかはわかりません。

 

 

 

 

 

10FESは5月5日です。

ユーザーさんの自転車をご覧いただく個展でもあり、Rew10関連商品を展示販売する会でもあり、交流のための催しでもあります。

グッズ関連目当てにお越しいただいたり、製作依頼を考えているのできっかけにされたい方、なんとなく来てみたい方、どなたでも歓迎です。

開催日は当然ご予約など不要ですのでお気兼ねなくお越しください。

 

皆様のご来場お待ちしております。

 

 

 

 

違和感。

 

 

 

 

 

しっかりとした強度を確保しつつ、違和感を無くしていく。

 

いつも製作で欠かさず考えている事の一つです。

 

 

 

 

 

Monostay

 

 

うちのお客様に人気のモノステー。

シンプルながら良い個性がでる仕様。

 

色々と造形方法がありますが、よく用いるのが写真の材料小物。

すべて独自形状で製作する事もできますが手間も甚大なので、こういった小物を使ったほうが工賃が下がります。

 

 

この小物を如何にして組み込むか。

このまま普通に継ぎ合わすだけだと、継ぎ目が見えてしまったり不自然な突起もあるので美しくきまらず違和感が生じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

Monostay

 

 

継ぎ合わせ面内部にしっかりロウを流してから、必要な箇所にも盛ってから形を整え平滑に仕上げ。

パイプは削らないように気を払う。 

 

流し込みのロウ付けとフィレット研磨を駆使。

曲面も極力歪みなく仕上げたので、塗装後にはどこが継ぎ目か全くわからなくなるでしょう。

 

ブレーキホールは簡単に済む穴あけだけでなく、強いトルクにも耐えうるように旋盤でひいた補強パイプを内部に仕込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

Monostay

 

 

この小物、以前とすこし形状が変わった。

横のくびれの削ぎ落とし量が少し多く、僅かに強度が心配。

 

写真は全く同じ小物材料を用いています。

くびれ部分にもロウを盛り、元々こういった形状であったかのように仕上げる。

肉厚も十分になり強度もばっちり、肉厚を増した分剛性も僅かに向上。

 

 

 

 

今回のような細部は指定されずともこちらが思って行っている工程です。

指定された箇所はしっかり守り、こういった箇所のちょっとした個性を積み上げていくのが我が製作です。

なおかつちょっとした作り込みもすることでよりタフネスに仕上がり、より永くお使いいただけると思います。 

 

 

 

気付かないような細かい工程。

 

ここで紹介するのもなんですが、気付いても気付かなくても良いと思っています。

でもどちらかと言えば、気付かれない自然な仕上げに出来てこそ意味がある気がします。

 

 

違和感の無い仕様。

そこには意外な作り込みがされているかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕込み中

 

 

近づいてきた5日の10FESの仕込みも行っています。

 

真鍮パーツを削るタイミングも久々なので、チャンスとばかりに受注いただいているものも一緒に作っております。

お待ちいただいているお客様はまた個別に連絡しますが、5日までには完成出来ると思われます。 

当日何が並ぶかは告知するかもしれませんし、お越しいただいた方だけの特権とさせていただくかもしれません。

 

 

うちのパーツたちは通常すべて受注生産ですので、直にお手に取ってご覧いただけるチャンスはこの日だけです。

すべて自分が手作業にて製作しておりますので、数は多くありません。

気にしてくださった方、是非この機会をお見逃しなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載情報。

 

 

 

 

 

UOMO

 

 

先日作らせていただいた伊勢谷友介さんの愛車紹介です。

 

この方の地球と人類の未来を見据える姿勢には共感できます。

 

 

 

生涯を共にしていくような自転車作りを目指し、モノも人も永く付き合っていくことが前提のRew10のビルド。

大量生産・大量消費でなく、公害を出しにくい性質の仕事で幸い。

 

ずっと変わらず自転車を作り続ける事が、自分に出来る僅かばかりの社会貢献なのだろうか?

答えなどわからないが、とりあえず出来なくなるまで続けよう。